今時の豊胸手術は切らないのが基本|クリニックを探そう

女の人

適切な治療が大切です

鏡を見るウーマン

大阪にある多くの美容外科や皮膚科のクリニックでにきび治療をすることが出来ます。にきびは放置していると悪化してしまう恐れがあるため早めのにきび治療が大切になります。適切な治療をして、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

もっと見る

カウンセリングが大事

注射

しみは30代から急に増えだし、女性の大きな悩みとなることがよくあります。しみにはいくつかのタイプがあるので、正しく治療をするには、まずは皮膚科を受診することが必要です。大阪には、しみ治療を得意とし、最新機器をそろえている美容皮膚科がたくさんあります。

もっと見る

肌を美しくするために

胸元

治療をするときに

シミはシミ取りレーザーで治療することができます。小さいシミは皮膚のメラニン色素だけを取り除き、広範囲にあるシミは波長の広いレーザー光をあてます。また、小さいシミの治療をするとかさぶたのようになるので、剥がれるのを待ちます。小さいものを治療した後は早い人で3カ月で治療跡が目立たなくなります。ほとんどの人がシミが目立たなくなるのは6カ月ほどです。広範囲にあるものにレーザーをあてると、一週間ほどでシミが浮き上がりぽろぽろととれていきます。この広範囲にあるシミの治療は痛みがあまりないですが、小さいシミの治療のときは多少の痛みが伴うことがあるので、肌の弱い方はクリーム状やジェル状の麻酔を使うことができます。ちなみに、レーザー治療は約10分ほどでできます。

治療の後のケア

レーザーで治療するだけでなく、治療のあとのセルフケアを心がけることも重要です。メラニンは肌への刺激で生成されるので、肌を擦ったり、化粧品を肌にすり込んだりしないように気をつけましょう。また、メラニンを抑制するビタミンCやビタミンEを含む食品を摂取するといいです。治療したあとに紫外線があたり過ぎると炎症を起こしやすくなるので、日差しの強い日などは紫外線対策をすることが大事です。もし日焼けをして肌が痛む、ヒリヒリするなどの症状がでた場合はすぐクリニックで受診しましょう。セルフケアをするときに化粧品を使うときは、必ず肌に合う化粧品を使いましょう。炎症した後は色素沈着が起こることがあるので、美白剤を使うと色素沈着を抑えることが出来ます。

切らない

女性の象徴ともいえる胸が小さい方は悩みの種の一つともいえるでしょう。最近では、美容外科で豊胸することによって胸を大きく見せることができるので試してみるといいでしょう。また、乳がんで乳房を切除せざるおえなかった方でもクリニックで豊胸手術をすることが可能ですので、問い合わせてみるといいかもしれません。美容外科などのクリニックではヒアルロン酸を直接バストに注入する手法もあるので、大掛かりな手術に抵抗があるならこの方法でチャレンジしてみるのもいいでしょう。

老け顔にならないために

レディー

しわ対策には、年齢に合わせた年齢化粧品が効果的です。しかし肌の状態によっては、年齢化粧品では対策しきれないこともよくあります。その場合は整形でもしわの治療が可能ですから、そちらも合わせて利用してみることを勧めます。

もっと見る